ご予約・お問い合わせはこちら03-5575-2226

診察時間

赤坂駅から徒歩3分 赤坂の歯医者さん

■ 東京メトロ「赤坂駅」徒歩 3 分
       「溜池山王駅」徒歩5分

歯周病治療

健康で引き締まった歯肉を取り戻しましょう

歯周病治療

歯磨きの時に、歯茎から、いつも血が出る。
たまに歯茎が腫れて、痛むこともあった。
最近では、硬いものをかむと、歯がぐらつく感じがする・・・。

みなさま、お心当たりはございませんか?

歯周病は、自覚症状がなく、静かに進行してゆき、気が付くと、かなり進行してしまっていることが多い病気です。

「虫歯がないから、歯医者には行ったことがない」なんて方は、要注意です。

虫歯がなくても歯科医院に定期的に通うことで、歯周病の進行を食い止めることができます。

歯周病とは?

プラーク(歯垢)中の細菌が原因となって、歯の周りに炎症が生じ、歯肉の出血や腫れが起こります。さらに病状が進むと、歯を支える歯槽骨にまで炎症が及び、骨が溶け出し、歯がぐらぐらして抜けてしまう病気のことを指します。歯周病は、歯を失う原因として、虫歯と並ぶ2大原因の1つ。
日本人の成人の約8割がかかっていると言われています。
歯周病は、主に歯肉炎と歯周炎に大別されます。

歯肉炎とは

炎症が歯肉のみに起こり、歯根膜(歯と骨の間にある線維性のクッションのようなもの)や歯槽骨に及んでいないもの

症 状:歯肉の炎症(発赤、腫脹、出血)、歯肉ポケット形成
原 因:プラーク、歯石、歯列不正、口呼吸など
治療法:プラークコントロール、歯石除去など

歯周炎

歯肉に発生した炎症が、歯根膜、歯槽骨にまで及ぶもの

症 状:歯肉の炎症、歯周ポケットの形成・排膿、歯槽骨吸収による
    歯の弛緩、動揺、移動
原 因:プラーク、歯石、咬合性外傷、歯ぎしり
治療法:プラークコントロール、歯石除去、スケーリング・ルートプレー
    ニング、歯周ポケット掻把、歯周外科手術、ナイトガード着用

軽度歯周炎

軽度歯周炎イメージ

・骨吸収は、歯根の長さの1/3より少ない。
・ポケットは3~5mm程度。
・根分岐部*病変は生じていない。
(*根が二股、三股に分かれている部分)

中等度歯周炎

中等度歯周炎イメージ

・骨吸収は、歯根の長さの1/3~1/2程度。
・ポケットは、4~7mm程度。
・軽度の根分岐部病変も含む。
・歯の動揺は、軽度に増加。

重度歯周炎

重度歯周炎イメージ

・骨吸収は、歯根の長さの1/2以上。
・ポケットは、6mm以上。
・重度の根分岐部病変も含む。(分岐部病変2~3度)
・歯の動揺は、著しい。

シンシアデンタルクリニック・歯周病治療の流れ

急性症状の除去

歯肉に強い腫れや痛みがあり、膿んでいる場合は、歯肉を切って、膿を出し、消毒します。
場合によっては、投薬を行い、腫れと痛みを取り除きます。

歯周病検査

X線写真
X線写真を撮って、歯槽骨の吸収程度を確認します。

歯周ポケット検査
歯周病が、進行すると歯周ポケットの深さが、だんだん深くなっていきます。
歯周ポケットを測ることで、歯周病の進行具合がわかります。

歯肉の出血検査
炎症を起こしている歯肉は、少し触っただけでも、出血します。
出血の有無を確認します。

歯の動揺度検査
歯のぐらつき(動揺)を調べます。

プラークの付着状態
歯の表面にプラークがついているか、確認します。

口腔内写真撮影
口腔内写真を撮り、患者様に歯周病の状態をわかりやすく説明いたします。

診断、治療計画の立案

検査結果から、歯周病の進行程度を把握し、患者様ひとりひとりに沿った、治療計画を立案いたします。

プラークコントロール(歯みがき指導)

歯科衛生士による歯みがき指導を行います。
患者様のお口の中の問題点を挙げ、歯ブラシの使い方、清掃補助器具(デンタルフロス・歯間ブラシなど)の使い方、食事や間食の取り方など生活指導全般についてお話いたします。

スケーリング(歯石除去)

歯の表面についた歯石、プラークを取り除きます。
超音波スケーラー(超音波で歯石に振動を与え、破壊して取り除く器械)や手用器具を用いて、歯石、プラークを取り除きます。
軽度歯周炎の場合、ここまでの治療で歯周病の改善がみられれば、治療は終了です。

スケーリング・ルートプレーニング

歯肉の中に埋もれて、歯根に歯石がついている場合、歯周病がなかなか改善していきません。
麻酔を行い、歯周ポケットの深部まで器具を入れて、1歯ずつ、丁寧に歯石やプラークを取り除いていきます。
中等度以上の歯周炎の場合、必要な処置です。

歯周外科手術

6までの治療を行ったにもかかわらず、歯周病の改善がみられない場合、歯周外科手術を行います。
具体的には、歯肉の切除や整形、歯肉を開いて歯根面を露出させ、歯石や炎症を起こした組織を取り除き、必要に応じて、骨の整形・切除を行い、再び歯肉を縫い合わせます。重度歯周炎の場合、必要な処置です。
さらに、積極的に顎の骨の再生を図り、歯を失うのを食い止める目的で、当医院では、以下3つの方法をオプションで用意しています。

GTR法

保護膜(メンブレン)を用いて、歯肉の歯根深部までの侵入を阻止し、顎の骨が再生するスペースを確保して、失った顎の骨の再生を図る方法。
通常、骨の再生には、時間がかかり、歯肉の再生には、骨の再生に比べ、時間がかかりません。骨が再生する前に、骨を再生しようとしているスペースに歯肉が入り込んで骨が再生できなくなるのを防ぐために、保護膜をかけてスペースを確保し、骨を再生しやすくします。
吸収性・非吸収性メンブレンがあり、非吸収性メンブレンを用いた場合は、顎の骨の再生後、取り除かなければなりません。

エムドゲイン

エムドゲインイメージ

歯根表面にエムドゲインゲルを塗り、失った顎の骨の再生を図る方法。
このエムドゲインゲルには、骨を作る組織を誘導する働きがあります。
GTR法と比べ、メンブレンの設置を必要としないため、手術が容易であり、手術後の歯肉退縮や疼痛が少ないと言われています。
前歯部に有利。比較的、少ない骨の欠損に適応。

GBR法

GBR法イメージ

顎の骨を失った部分に、自家骨や人工骨(骨補填材)を入れ、顎の骨の再生を図る方法。
GTR法、エムドゲインは、間接的に骨の再生を図るのに対し、自家骨はもちろん、骨補填材は骨と同様な組成の材料で出来ているので、ダイレクトに骨再生を促します。(骨親和性・骨伝導能を有する。)

場合により、これら3つを併用して、歯周外科手術を行います。 どれを用いるかは、患者様の歯周病の状態によりますが、歯周外科手術前に、患者様とご相談し、患者様の歯周外科手術に最も適したものを、ご提案いたしております。

歯周外科手術料金案内

通常、歯周外科手術は保険診療で行っておりますが、重症の場合や広範囲に及ぶ場合は、 自費で、歯周外科手術を行っております。

メンテナンス

7までの治療を行い、歯周病の病状が改善・安定したとしても、歯周病は、とても再発しやすい病気であるため、病状の安定を維持するためにも、定期的な検診が不可欠です。
当医院では、患者様の歯周病の病状に応じて、最適な定期検診の間隔をご提案し、患者様ご自身によるプラークコントロールのチェックや、再度、付いてしまった歯石の除去などを行い、再発防止を徹底させています。

診察MENU

  • Voice お客様の声
  • 初めて来院される患者様へ

↑page top